美容クリニックを開業する際には開業のポイントと店舗内装をしっかり考えることが大切

美容クリニックは女性が多いのでそこを意識

基本的には女性の来院が多いのですが、男性が来院するケースも考慮して淡いピンク色を取り入れることにし、アクセントにはシックさをプラスできる茶色を選びました。
半個室タイプの待合室を設けるようにしていたのですが、ここには入口にブラインドをつけることで、患者様が診察室や施術室に足を運ぶ際に顔をあわせることがないように工夫したのです。
診察室や施術室も同じようなカラーでまとめ、トイレも清潔感があって落ち着くことができる空間をイメージして仕上げました。
施術を行うためのベッドなどは清潔感を出すために真っ白にしましたが、室内全部が白いわけではないので暖かみのある空間をつくり上げることができて満足しています。
しっかりと理想を考えた上で店舗内装を担当する会社に依頼を行ったので、患者様の不安や緊張を和らげられるような理想的な空間に仕上がったと思います。
一緒に働くスタッフに確認を行ってもらったときには、非常に評判が高かったです。
ピンクを取り入れているけれど、淡い色だし茶色との相性が良いから派手さは感じず落ち着くと言ってもらうことができました。

美容クリニックを開業 | 美容クリニックは女性が多いのでそこを意識 | 独立の際、店舗内装は重要

美容クリニック開業のポイントと店舗内装 / 美容クリニックにおすすめの内装設計